ヒサロ通い色黒ピエロ

色黒おちゃらけキャラの日常日記。

名プレーヤーと名コーチは違う

名プレイヤーと名コーチは全く違います。どう違うかというと、「自分が活躍できる」のと、「誰かを活躍させられる人」の違いくらい全く違います。

 


名プレイヤーは簡単にたとえたらプロスポーツ選手、野球で言うなら、「イチロー」とか。イチローはアメリカの野球界でも殿堂入りしている日本でもアメリカでも知らない人はいないくらいの超有名プレイヤーです。で、これが完全無欠の名プレイヤー。もしもですよ。例えばイチローが、「誰でも僕と同じようにメジャーリーグで何本でもヒットを打つことができるように教えてあげるよ」と言ったとして、本当に指導の元、イチローが第二のイチローを育てることができたとしたらそれは間違いなく「名コーチ」となります。

これはものすごい違いだと思いませんか?簡単に言えば、名プレイヤーが名コーチになれたとしたらこれこそ、最強。向かう所敵なしになるわけです。

ただ、こういう人ってなかなかいない気がするのです。プロスポーツ選手を見ていてもなかなか名コーチになれる人っていないなと。

名プレイヤーは名プレイヤーのままで、名コーチになれてない人のほうが多い気がするのです。もし、名プレイヤーがみな名コーチに慣れているなら、でかい話、どの業界でもすごい人たちがたくさんいてもおかしくないような気がするのです。

名プレイヤーは自分でやるのは得意だけど、人に教えるのは苦手なんじゃないかな?だから、名プレイヤーは名コーチに慣れてない人のほうが多い。私は思うのです。

広告を非表示にする