ヒサロ通い色黒ピエロ

色黒おちゃらけキャラの日常日記。

鬱病向けの就職記事の作成について考える

近年、パラサイトシングルという職に就かず、親の金で生活している人が約60万人に増えている。その背景にはブラック企業に酷使され、働く事に恐怖を覚えている人や病気が原因で職に就けない人のケースが多い。

 

更には近年は人材不足の影響で1人当たりの仕事量が徐々に増えていくと予想され、更に今後増えていくと予想される。これにより徐々にパラサイトシングルの人口数は増えていくと予想され、うつ病や持病もちの人向けの社会復帰の必要性が増えていくと予想される。ただ就職先である企業側の気持ちを考えると中々難しい問題である。通常鬱病、持病もちの人達は業務上で作業が滞る場合があり、最悪の場合、病状が悪化し、休業手当を出さないといけない状態になる。つまり人がいないのに当社の社員という理由で給料の3分の1を支払わないといけない状態になる。この事からこの手の人達を採用するのは非常にリスクがあり、採用する企業側の問題として片づけてはいけない問題である。

その為、うつ病の人向けに社会復帰し、働き続ける為にはどうするべきか?そしてその事を面接でどのように話し、向こうが納得いくような話し方をしないといけないのか、それの術を提示する必要がある。出来れば読者の状況から成功するまでの流れをストーリー形式で書きたいと思っており、イメージがつきやすいようにしたいと思っている。後は記事の中に書く、その術というのをどのように表現するかが課題だ。ありきたりな事を言えば、こいつも鬱病を食い物にしようとしていると思われてしまう。その為、自分本位の内容にしないよう努めないといけない。

広告を非表示にする